職人

木本 幸愛

穂首製造

木本 幸愛

筆文化の未来の為に。

私にとって日本の伝統工芸品である筆づくりの仕事に携わる事ができ、日々幸せをかみしめながら愛情を込めて製作しています。

同じ作業でもやる人で完成度に差が出ない様にするのが大変な事ではありますが、毎日勉強させて頂きながら、10年後、20年後、その先の筆文化の未来の為に努力していきたいと思います。