職人

加藤 蒼博

穂首製造

加藤 蒼博

きめ細かく仕上げた筆は書き味、バランス共に最高の出来栄え。

実は私は子供の頃、習字が一番苦手で、あまり好きではありませんでした。それは良い筆に出会わなかったからかも知れません。

でも、物を造る事が大好きで、筆を造る事で、私のように書道が苦手な人、新たに始める人、上級者にとって、書きやすい筆を造り続けていけたらと思います。


作品を書いてもらう前の1つの作品として、1本、1本丁寧に造っていくのが使っていただく人への感謝の気持ちだと思っています。

しかし苦労もあって、自然の毛なので同じ種類の毛でも同じ物はないので、造る度が初めてで、とても難しいです。その難しさが、飽きる事のない、筆づくりの一番の楽しさではないかと思います。