株式会社穂乃伊堂

熊野筆の穂乃伊堂

トップページ
職人紹介
筆づくり
商品紹介
熊野筆の歴史
会社概要
お問い合わせ

職人紹介

長い歳月をかけて筆を習う。

私が筆を作り始めて14年が過ぎましたが、納得のいく良い筆が出来たと思えても別の日に見ればまだ改善点があったりします。それを直し、また直しの繰り返しで、やっとお客様にお届けできる筆が出来るという具合です。

何かのきっかけで、「なるほど、こうすれば」という発見もありますが、またある時、この微かな自信が砕け散ることもあります。なかなか上手く出来ない時、なんでこんなことを生業に選んだのかと思うこともありますが、不思議と筆づくりをやめたいと思ったことはありません。むしろ、もっと良い筆を作りたいと思うのです。

今までに、熊野で出会った年配の職人の方がよく「筆を習う」と言われます。この言葉は、歳月を経るごとに実感します。筆づくりで失敗した時、窮地に陥った時、いつも私を助けてくれます。もしかしたら、筆づくりに完成形がなど無いのかもしれません。しかし、そうであったとしても常に高いレベルの筆を目指し続けたいと思います。

生涯かけて、お客様に「この筆で書いたら、なんか字が上手くなった気がする」と思っていただける筆を作っていきたいです。そして、まだまだ先の事ですが、笑顔で筆づくりをしていられたら幸せです。

筆マイスター工房 田村坪生

 

穂作り職人

  • 加藤蒼博
  • 沖本城山
  • 田村坪生
  • 宇野紫音
  • 舛井香枝
  • 田中妙智
  • 友岡真楽